人を雇ううえで大切なこと

会社にとって人材採用は、存続していくために必要なものです。人材採用を怠ってしまうと、会社に新たな風が吹き込まなくなり、会社の問題点の洗い出しやその会社の文化の継承などが出来なくなってしまいます。そのようにならないために、人材採用の心得をお伝えします

自社にとっての良い人材とは

自社にとっての良い人材とは、どのような人材でしょうか。リーダーシップがあり、細かな気遣いもでき、自社のムードメーカーになるような素晴らしいチカラを持った人材でも、必ずしも自社にあった人材であるとは言えません。
なぜなら、自社にあった人材とは、その人が就くであろう仕事の要素から抽出して初めてわかるものだからです。例えば、細かい仕事で間違いが許されない仕事を任せたい人材を集めるときは、細かい気遣いが出来て、きっちりした性格の人が適しているということが出来ます。そこに必ずしもリーダーシップ等は要らないのです。
企業の人材採用は、この求めている人材は何か、ということをまず第一に考えます。求めている人材像があやふやでは、せっかく採用しても育成がうまくいかず、短期間で辞めてしまうことに繋がりかねません。

新卒募集か、中途採用募集か

求めている人材像が定まったら、次は新卒募集か中途採用募集なのかを決めましょう。
自社の業務内容が、一定の経験を有していることが必要なら、中途採用募集を行いましょう。中途採用募集なら一定の経験を積んだ人を求めていることが容易に想像できるので、人材育成をする余裕のあまり無い会社にも人材が定着しやすくなります。
では、新卒募集をする場合とはどのような場合なのでしょうか。新卒募集とは、高校や大学を卒業する予定の学生を募集する方法です。大学の専攻で専門技術を学んでいても、即戦力とはなり得ない人材がほとんどです。
新卒募集をするときは、自社でゼロから人材育成をしたいときです。人材採用は、このように新卒、中途募集のメリットを比較して行う必要があります。

求人募集の方法はどうするか

最後に、求人募集の方法の種類をご紹介します。求人募集の方法は、人材採用に充てることが出来る予算や新卒募集あるいは中途募集かによって異なります。
代表的なのは、ハローワークに求人情報を掲載する方法です。求人情報の掲載にかかる料金は無料であり、条件によっては助成金が出ることさえあります。人材採用にあまりお金をかけることが出来ない会社にはうってつけです。しかしデメリットも当然あり、募集してくる人が自社に適した人材であることは多くない、という箇所が欠点です。
次にメジャーなのが、インターネット求人サイトを利用することです。
新卒募集をしたいときなどは、こちらを利用すると良いでしょう。なぜなら若者はインターネットを日常的に活用しており、就職活動の情報集めもまずはインターネットで、という人が多いからです。また、掲載できる情報のなかに職場の雰囲気や先輩の声など多様な情報を掲載できます。