人材採用のスタイル

人材採用の方法

企業や団体を維持・成長させていくためには、定期的な人材採用が欠かせません。人材を採用するにあたり、どのような方法を使ったらよいのでしょうか。一般的に行われている採用には3つの方法がありますので、それをご紹介しましょう。

求人サイト・雑誌などに求人広告を出す

もっとも基本的な人材採用の方法は、求人情報を掲載するホームページや雑誌に求人広告を出すことです。自社のホームページに情報を掲載することも含まれます。求人サイトや雑誌に情報を掲載する場合、一定の料金がかかります。たくさんの情報を載せようとするほど料金も高くなる傾向があるので、情報量と料金のバランスを考えなければいけません。不特定多数の人が求人情報を見てくれる効果がある反面、知名度の高い企業の場合は応募者がかなり集まることも考えられます。問い合わせや応募書類の処理がしっかりとできるように、あらかじめ体制を整えておく必要もあるでしょう。応募者が多いほど選考に時間がかかる傾向があるので、選考の流れ(日程)を明確にしておくことも必要です。

特定の人物をピンポイントで採用

人材採用の基本は、不特定多数の人が求人情報を見られるようにすることです。どこに貴重な人材がいるかわからないからです。しかし、求人情報を公開せず、企業の側から優秀な人材に声をかけて入社するように説得する方法もあります。「ヘッドハンティング」などと呼ばれる方法です。この方法を用いる場合は、必要な人材がどのような人なのかが明確になっています。特定の業務における知識や経験が豊富な人を求めているのです。業界内で知名度のある人物に声をかける場合がありますし、人材紹介会社などを利用する場合もあります。声をかけられるほうの人物も自分のキャリアをわかっているので、待遇についてある程度の駆け引きが必要になるかもしれません。お金では動かないタイプの人材もいるので、どのようなアプローチをするかが大切です。

親族から人材を得る縁故採用

求人情報を公開しないタイプの人材採用として、縁故採用という方法もあります。これは従業員と親しい関係にある人物を採用する方法で、経営幹部の親族などが対象になりやすいといえます。縁故採用の場合、一般的な採用の流れとは異なり、書類審査や採用試験などは行われないこともめずらしくありません。各種試験や面接があったとしても、それは形式的なもので、結果については重視されないのが一般的です。採用される側に明確な入社の意思があれば問題ありません。職を求める側にとって魅力的に思える形式かもしれませんが、採用のきっかけを作ってくれた人のためにも、短期間で辞職するのは避けたいものです。きちんと仕事内容や待遇について納得してから入社するようにしましょう。